ボンズカジノって違法なの?オンラインカジノの違法性について徹底解説

ボンズカジノ

「ボンズカジノって違法なの?」
「ボンズカジノの違法性について詳しく知りたい」

ボンズカジノは、2020年に誕生したまだまだ新しいオンラインカジノです。

オンラインカジノは、還元率やゲーム性の高く自宅で気軽に本格的なカジノゲームが楽しめる事から、世界中で人気を集めています。

しかし、日本ではカジノという文化に馴染みが無いためか「違法性はないのか?」「本当に安全なのか?」と気になる方は多いでしょう。

当記事では、このような悩みを持つ方の為に、オンラインカジノの違法性やボンズカジノの安全性について解説していきます。

【内容をまとめると】

  • ボンズカジノをはじめとした、オンラインカジノは日本では「グレーゾーン」のギャンブルである
  • 過去にカジノカフェが摘発された事例があるが、運営元やお金のやりとりが海外であれば、賭博罪が適用されない為、原則としてプレイヤーが逮捕されることはない
  • ボンズカジノは正規のライセンスを取得した、安全なオンラインカジノである
  • 当サイトのボンズカジノの入金不要ボーナスコードは「journey」!ボーナスカードを利用して、オンラインカジノをお得に楽しもう

それでは、早速見ていきましょう。

 

【結論から先に】オンラインカジノは「グレーゾーン」のギャンブル

結論から先に申し上げると、ボンズカジノをはじめとしたオンラインカジノは、日本の法律では裁くことの出来ないグレーゾーンのギャンブルです。

現在、日本では国営以外のギャンブルを法律で禁止しており、実際に宝くじや競馬以外の賭博行為は違法となります。

パチンコやスロットもギャンブルですが、換金方法が現金ではなく景品交換なので、違法賭博には該当しません。

このように記載すると、オンラインカジノも違法賭博に該当するのではないか、と思うかもしれません。

しかし、オンラインカジノの運営元やサーバーは海外にあり、日本の法律は関与しないところにあります。

更に、海外にあるオンラインカジノの運営元は、海外政府が発行したライセンスを取得し合法的に運営しています。

この為、解りやすく言うと、海外にあるオンラインカジノでプレイすることは、海外旅行した際に現地のカジノで遊ぶのと同じ扱いになるから違法ではないという訳になるのです。

海外旅行の際にカジノをしても、日本で罪に問われることはありませんよね。

 

オンラインカジノで過去に逮捕された事例

しかし、その一方でオンラインカジノが摘発された事例も過去にあります。

なぜ、グレーゾーンであるのに摘発されてしまったのでしょうか。

摘発された事例をもとに、理由を解説していきましょう。

【摘発された事例】

京都のカジノカフェ摘発・・・2006年に京都で、オンラインカジノを行うカジノカフェ「ゴールドラッシュ」が摘発を受けた。店舗で現金のやり取りをしていたことから違法賭博罪に適用された。

ドリームカジノ摘発・・・海外にあるオンラインカジノのドリームカジノが2016年に摘発された。サイト上では運営元を海外としていたが、実際の運営は大阪にあったため、違法賭博材として適用された。

上記の事例を見てわかることは、オンラインカジノをグレーゾーンで利用する為に大切なのは運営元と、金銭を授受する場所だということです。

京都の事例は、運営元が海外にあるオンラインカジノを店内でプレイしていたという、一見すると自宅でオンラインカジノを楽しむ事と変わらなく思う事例です。

しかし、問題点は現金のやり取りが店舗内で行われていたという点です。

現金のやり取りが海外にある運営元であれば、グレーゾーンで済んだ話ですが、ゴールドラッシュが事実上の胴元であったため、摘発されてしまったケースと言えます。

ドリームカジノの事例も、運営元が本当にサイトに表記された海外であれば、摘発には至らなかったでしょう。

この事例から、オンラインカジノを間違えて違法で利用しない為には「運営元が海外にあるか」「現金のやり取りも国内で行われていないか」が重要と言えます。

海外のライセンスがあるオンラインカジノをプレイしていても、胴元が日本にあるようなカフェや、いわゆる裏カジノは違法なので注意しましょう。

 

オンラインカジノ自体の安全性についても考える

ここまで、日本でのオンラインカジノの違法性について確認していきました。

オンラインカジノは、運営元が海外にあり、金銭の授受も国内でない限り日本ではグレーゾーンに当たるという事が解りましたね。

しかし、違法性がないからと言って海外のオンラインカジノなら、どれでも安全であるとは限りません

オンラインカジノを選ぶ際には、以下のポイントを抑えて選びましょう。

  • 政府発行のライセンスがあるか
  • 第三者機関の認証はあるか
  • 日本人へのサポートは豊富か

それぞれ、詳しく見ていきます。

 

政府発行のライセンスがあるか

1点目のポイントは、政府発行のライセンスの有無です。

オンラインカジノを運営する為には、拠点になる国の政府が発行したライセンスが必要です。

ライセンスのないオンラインカジノは、違法カジノですので、絶対に利用はやめましょう。

政府のライセンスの取得難易度は、国により異なります。

中でも、EU各国のライセンスの取得は非常に難しいと言われている為、EU各国のライセンスで運営しているオンラインカジノは信頼におけると言えるでしょう。

 

第三者機関の認証はあるか

2点目のポイントは、第三者機関の認証です。

第三者機関が認証に入っているオンラインカジノは、ゲームの公正さや還元率について、随時チェックされています。

万が一、プレイヤーと運営がトラブルになった際でも第三者機関が仲裁に入る為、安心です。

 

日本人へのサポートは豊富か

3つ目のポイントは、日本人へのサポート体制です。

信頼におけるオンラインカジノの運営であっても、サポートや規約に関する事項が全て英語の対応であれば、日本人の私たちにとっては安心して利用できるものではありません。

以前は、サポートは英語のみのオンラインカジノが大半でしたが、昨今では日本語でのサポートが豊富なオンラインカジノも増加傾向にあるので、是非そちらを利用してみましょう。

 

ボンズカジノは【日本人へのサポート】【ライセンス取得】【第三者機関の認証】の全てを兼ね備えたオンラインカジノ

ボンズカジノの運営会社「Owl In N.V. 」は、オランダ領キュラソー政府が発行したライセンスを取得しています。

この為、過去に摘発された「日本国内にあるオンラインカジノ」にも「日本国内に胴元があるオンラインカジノ」にも該当しない事が判るでしょう。

また、全てのゲームに公正性が取れるよう、乱数生成器を利用している為、ユーザーにとっての不正が行われる心配もありません。

日本語のカスタマーサポートも、以下のように充実しています。

これからオンラインカジノを始める方は、是非ボンズカジノをお試しください。

 

ボンズカジノは違法ではないがグレーゾーン!安全性は高いが自己判断で楽しもう!

当記事では、ボンズカジノをはじめとしたオンラインカジノの違法性について詳しく解説していきました。

オンラインカジノは、運営元やサーバーが海外にあることから、海外でカジノを楽しんでいるという位置づけであり、日本国内の賭博行為には該当しません。

現在の法律では、オンラインカジノに違法性は殆どなく、プレイヤーは安全に楽しめると判断できます。

特に、ボンズカジノは、サイト自体の信頼性も高いので、安心してオンラインカジノを楽しめるでしょう。

オンラインカジノは現時点では安全と言えますが、遊ぶ際は自己判断で楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました